News Release "NADSシリーズ"の提供

日本アキュムレータ株式会社(代表取締役社長:杉村登夢、本社:静岡県静岡市)は、アクアドライブシステム*
「NADSシリーズ」を開発しました。「NADSシリーズ」を駆動源にした食品加工装置は、丸洗い洗浄が簡単にできるため、
電動、空圧、油圧駆動と比べ、絶対的な衛生確保が簡単になりました。

「NADSシリーズ」は水道水を駆動源とすることから、食品加工装置に必要な洗浄工程を同一駆動源システムのため、
環境や労働の負荷を低減でき、今後のSDGs社会に向けた製品となりました。
また、機械の稼働状況をセンサーで取得し、インターネットを通じて送信すれば、リアルタイムに装置を遠隔監視する仕組みを実現できます。

*水道水を作動流体とする新しい水圧駆動システム

1.開発の背景

電動、空圧、油圧などの従来駆動システムでは、食品加工装置を簡単に丸洗い洗浄が簡単にできず、
社会から要求される高い安全や衛生観念に対応できないことが課題となっています。
電動では漏電の危険や複雑な駆動部分があり、空圧ではそもそも運転中のオイルミストの発生、
油圧では油を使った不衛生な動力源といった問題を抱えています。
そこで、現代の衛生観念に対応ができる「水道水」を作動流体としたポンプ、
モータ、バルブなどの機器とそのシステムを開発しました。

NADS

2.「NADSシリーズ」の特徴

① 水道水で食品加工装置などを駆動させる新しい技術
② 潤滑油や空気圧機器に含まれるオイルミストによる製品や工場の汚染リスクがゼロ
③ NADSモータは電気を使用しないので防爆、漏電、防水処置が不要
④ 高出力シリンダーが搭載可能  直径30mmで2800N(空気圧シリンダーの約6倍)
⑤ 電源がない環境または電源を喪失した状況でも、水道蛇口に接続するだけで駆動可能
⑥ Wi-Fiに接続可能で、稼働状況や異常情報などの知りたい情報をスマホやパソコンに送信

展示会詳細

東京ビッグサイトにて2022年 6月7日(火)~10日(金) に開催のFOOMA JAPAN 2022(国際工業食品展)に出展(小間番号6B-18)をします。実際の食品加工装置を想定した動く展示品をご覧いただくことができます。

今後は、多くのバリエーションの食品加工装置でのトライアルを実施し、利用における詳細なニーズや課題を抽出し機能改善を行っていきます。 そして、お客様の用途の耐久性能の確認後、早期の販売を目指します。
日本アキュムレータ株式会社は、「NADSシリーズ」を提供することで、昨今の食品衛生問題の解決や食品工場におけるIotや、HACCP対応難など向けたソリューションを提供していきます。

FOOMA JAPAN 2022の詳細ついては https://www.foomajapan.jp/outline/ ご覧ください。

会社概要 日本アキュムレータ(株) 代表取締役社長 杉村 登夢
住所 静岡県静岡市清水区西久保415番地
設立 1955年8月
従業員数(連結)130名
事業内容 液圧用アキュムレータ、バルブの製造販売
「NADS」について NACOL Aqua Drive Systemの略称
NADS
問い合わせ先 日本アキュムレータ(株
所属 技術部
名前 杉村 健
住所 静岡県静岡市清水区西久保415番地
Tel 054-367-1251
E-Mail ken.sugimura@nacol.co.jp
  • 資料ダウンロード 取扱説明書やCADデータをダウンロード
  • 分解組立比較ビデオ NACOL vs. 他社メーカー
  • アキュムレータ Q&A
  • 代理店・特約店のご案内