会社情報

沿革

1955年 8月 初代社長杉村一夫  杉村研究所を設立
1958年 2月 国産初のブラダ型アキュムレータの商品化
1960年 3月 日本アキュムレータ(株)と社名変更
1973年 1月 電子ビーム溶接製法アキュムレータを完成(E形)
1975年 2月 合衆国機械学会(ASME)より認定取得
1977年 12月 「高圧ガス種別通商産業大臣認定試験者」の認定取得
1979年 2月 ダイナックバルブ (開発1974年) 販売開始
1981年 9月 ダイナックバルブ(溶栓)が高圧ガス設備の安全装置と認められる
(通産省56保安第102号)
1982年 8月 TUEV(西独技術者検査協会)3.1B認定取得
1983年 12月 アキュムレータ疲労試験機導入
1988年 3月 安全弁に関し「通商産業大臣認定試験者」取得
1989年 1月 スウェーデン国から認定取得
12月 当社袖師工場に24時間無人運転機械を設置
1993年 9月 LRQAによるISO9001認証取得
1997年 11月 LRQAによるISO14001認証取得
12月 中国「SAFETY QUALITY LICENSE」取得
1999年 4月 TPM導入宣言
2000年 8月 ピストン型アキュムレータ本格的に販売開始
11月 圧力設備指令(P.E.D.)に則ったCEマーキング付アキュムレータ販売開始
2001年 9月 ダイナクリーンに60、80、120Lを加え、ニューラインナップで本格販売
12月 ベースプレート(アキュムレータ簡易受け台)販売開始
2002年 5月 LRQAによるISO14001認証返上
11月 中国子会社「嘉邦液压机器制造(上海)有限公司」設立
2003年 1月 ダブルデッカタイプアキュムレータ販売開始
2004年 9月 嘉邦液压机器制造(上海)有限公司 操業開始
10月 創業者 杉村一夫 没
2005年 8月 Uシリーズ(20〜50L)販売開始
2006年 8月 嘉邦液压机器制造(上海)有限公司販売許可取得
2006年 10月 LRQAによるOHSAS18001認証取得
2008年 5月 嘉邦液压机器制造(上海)有限公司第二工場竣工
2009年 3月 省エネ改造キット販売開始
11月 ロシア GOST-R 認証取得
2010年 3月 チタン製アキュムレータ(圧力:21MPa 容積:0.7L)販売開始
9月 低温対応(-30~50℃)アキュムレータ(圧力:18MPa 容積:0.1~3L)販売開始
2011年 3月 高圧用(圧力:50MPa 容積:1L)ステンレスアキュムレータ販売開始
10月 中国・上海 PTCアジア2011に中国子会社(嘉邦液压机器制造(上海)有限公司)と初共同出展
11月 中国向けH形アキュムレータ販売開始
2012年 9月 NACOL製アキュムレータクランプの販売開始
10月 TR-ロシア認証取得
2013年 12月 庵原南工場 操業開始
2015年 4月 エコアクション21 認証取得
2017年 8月 LRQAによるOHSAS18001認証返上